クラウドソーシングで稼ぐ

【稼げないは嘘?】クラウドワークスで初心者が副業を失敗しないの3つのコツ

「クラウドワークスは稼げない?」

「クラウドワークスで稼げる方法を知りたい!」

 

クラウドソーシングサービスを提供している会社の中では、クラウドワークスは最大手です。

しかし、クラウドワークスと検索すると”稼げない””儲からない”というキーワードが出てきます。

 

 

実際、Twitter等でも稼げないといっている人もいます。

ただ、クラウドワークスで月間70万円以上稼いでいる私からすると、稼げないことはありません。

 

今回は、初心者でもクラウドワークスで月1万円稼げるポイントを解説します!オススメ案件も紹介するので必見です!

 

結論

ライティングをするなら最低でも0.2円以上の案件に応募するべき

月1万円稼ぐには平日1~2時間の稼働で十分

スキル・キャリアに見合った仕事をすべき

結論:クラウドワークスは初心者でも稼げる

結論から先に言うと、クラウドワークスは誰でも稼げます。

どの範囲を”稼げる”というのかは人それぞれですが、月5万円~10万円程度は誰でも稼げると思っています。

 

 

Twitterでは稼げないという人がいる反面、クラウドワークスが稼げるという人もいます。

私の知り合いは、主婦という片手間にクラウドワークスを利用しながら、月10万円程度の収益を出している人います。

 

稼げないのではなく、やらないから稼げないだけですね!

副業時代の私の収益を赤裸々暴露

私は、今では月間70万円以上を稼いでいますが、独立する前は副業としてクラウドワークスをしていました。

当時は、独立する前の仕事はパート従業員で、9時~18時が勤務時間であり、家について支度が終わるのは19時くらい。

 

そこから、寝るまでの数時間でライティングをしていたのですが、平日の3時間だけ稼働した結果が下記の通りです。

 

 

月々、6~8万円は確定で稼いでおり、本業の収入と合わせれば18~20万円程度でした。

これだけでは、信用性がないと思うので、当時私が会社の給与振り込みに使っていた口座を公開します。

 

 

パートということもあり、月々の収入は12万円程度であり、細々とクラウドワークスを利用して、都度振り込み申請をしていました。

クラウドワークスの実働時間は、1日1~2時間程度で、仕事終わりの軽いバイト感覚でしたね!

 

それなら気軽に始められそうですし、初心者でも安心ですね!

在宅ワークをするならクラウドワークスが一番

在宅ワークをするには、多くのクラウドソーシングサイトがあります。

私が過去に利用したサイトをそれぞれ分類すると、下記の通りです。

 

クラウドワークス:案件数が多くスカウトも多い

ランサーズ:クラウドワークス程ではないがそこそこ案件が多い

ココナラ:自分から営業する必要がありキャリアがないと厳しい

note:教材がないと稼げない

 

初心者が在宅ワークを始めようと思っているなら、案件数が多いクラウドワークスがオススメです。

ランサーズもクラウドソーシングサイトですが、個人的には案件が少ないイメージがあります。
※高単価案件が多いのは魅力的ですが…

 

 

メリットデメリットを紹介されている方ですが、ライティングをするなら念のためにどちらも登録しておきましょう!

幅広く案件を確保できますし、対応できるふり幅も増えるので、オススメですよ~♪

初心者がクラウドワークスで稼ぐための3つのポイント!

クラウドワークスが稼げるサイトということが分かったところで、初心者がクラウドワークスで稼ぐためのポイントを紹介します!

これは、私が独立するまでにこなしてきたことであり、個人差はありますが実践すれば確実に稼げます。

 

1.月間目標を立てる

2.こなせる案件を探す

3.プロジェクトに応募してみる

 

このサイクルをルーティン化すれば、初心者でも平均的な収益を上げることが可能です。

少しでも、クラウドワークスで稼ぎたいというマインドがあるなら、しっかりポイントを把握して実践しましょう!

月間目標を立てる

まず、クラウドワークスで稼ぎたいと思っているなら、月間目標を立てましょう。

裸一貫で、”今日からクラウドワークスで稼ぐぞ!”と思っても、着手可能な案件がなければ意味がありません。

 

例えば、あなたが月々1万円の収入がほしいとします。

平日だけ稼働するなら、19~22日は最低でも稼働できるということ。

 

そこから、月々1万円稼ぐための日割り計算をすると、1日に500~550円程度稼げばよいということになります。

そう考えると、難しい話ではなく、後述するアンケート等に数件答えるだけで簡単に達成できます。

 

月3万円:1,500円/1日

月5万円:2,500円/1日

月10万円:5,000円/1日

月20万円:10,000円/1日

 

こちらは、月間目標金額別の1日に達成しなければならない金額一覧です。

さらに、ここから自分が稼働できる時間を計算しましょう。

 

副業の場合は、時間をとれるとしても2~3時間が限界です。

その空き時間で、目標金額を達成できる計算をして、案件を取れば安定して稼げるようになります!

こなせる案件を探す(タスク形式)

目標建てを行ったら、次は自分がこなせる案件を探しましょう。

初心者は、対応できる案件が限られるので、タスク形式の案件をメインに着手しましょう。

 

 

タスク案件で、”初心者”と検索すると、110件表示されました。

ライティングから、事務作業まで様々なジャンルがあるので、自分が対応できそうな案件を選択しましょう!
※初心者にオススメの案件は後述します

 

 

金額が高い順で検索すると、1,650円/3,000文字の案件が表示されました。

専門知識を有するタスクですが、知識がある人なら誰でも対応できるということです。

 

まずはタスク形式で、専門知識が生かせる案件を探すと良さそうですね!

プロジェクトに応募してみる

ある程度、タスク形式の案件をこなして実績をつけてきたら、プロジェクトに応募しましょう。

月1万円~3万円程度なら、タスク案件メインで問題ありませんが、それ以上稼ぐ場合はプロジェクト形式の契約は必須です。

 

 

プロジェクト形式は、クライアントと直接契約をするような案件であり、一定のスキルが必要となります。

しかし、その分単価も高く、クオリティ次第では単価交渉も可能です。

 

 

さらに、キャリアに応じてスカウトメールが来ることも。

自分が対応できる案件なら、契約をオススメします!

 

タスク形式ほどライバルもいませんし、安定して稼げるようになります♪

 

固定報酬制がほとんどなので、1件1万円の案件を契約することもできますよ!

初心者がクラウドワークスで稼げない2つの理由

クラウドワークスで稼げないといっている人の大半は、間違った利用をしていることがほとんどです。

そこで、初心者がクラウドワークスを使っても稼げない、3つの理由を解説していきます。

 

低単価案件に手を出しているから

スキルに見合った仕事をしていないから

 

この2つのいずれかに該当している場合は、月1万円の収入さえも稼ぐことができません。

少しでも稼ぎたいと思っているなら、内容を把握しておきましょう。

低単価案件に手を出しているから

まず、クラウドワークスで稼げない人は低単価案件に手を出している可能性が高いです。

案件にもよりますが、クラウドワークスには低単価案件が多く存在します。

 

 

例えば、こちらの案件ですが、”初心者・主婦”向けの案件であり、33円/400文字のタスクになります。

文字単価を計算すると、0.08円です。
※33/400=0.08

 

ライティングをしたことがない人からすると、高いのか低いのかわからないと思います。

しかし、経験者から言わせてもらうと、超低単価案件なのでスキル・キャリアがない人でも着手するのはやめましょう!

 

 

こちらは、私が駆け出しの頃にこなしていたライティング案件です。

ライティング経験が一切ない私でも、0.4~0.5円のタスクを書いて承認されていました。

 

1万円稼ぐ場合

0.08円:125,000文字必要

0.2円:50,000文字必要

0.5円:20,000文字必要

 

単価別で、必要な文字一覧を算出してみました。

仮に、0.08円を平均単価で着手する場合は、月間で約12万文字書かなければなりません。

 

しかし、0.5円の場合は2万文字で済みます。

平日に稼働できる日数で割ると、一日1,000文字程度書けば月間1万円稼ぐことが可能です。

 

低単価すぎると費用対効果も合いませんし、やる気も続きませんよ!

スキルに見合った仕事をしていないから

初心者が、クラウドワークスを辞めてしまう一つの理由にもなるのが、スキルに見合った仕事をしていないというパターンです。

クラウドワークスには、様々な案件がありますが、初心者でも簡単に取り組めるのがライター案件。

 

文字さえかければ、誰でも稼ぐことができるからです。

しかし、中には自分のキャリア・スキルに見合っていない仕事に応募する人も少なくありません。

 

 

この方は、ライティングを始めて数か月しか経っていない人です。

キャリア・スキル共にない人は、高単価案件に応募したところで、不採用通知が来ることは明確です。

 

クライアント様も仕事で募集しているので、身の程に合った応募をしてほしいものですよね…

 

ライターで稼ぐには文字単価も重要ですが、初心者のうちは数をこなしましょう。

自分の稼働できる時間を把握して、時間内にどれくらい案件を着手できるかを優先しないと、稼ぐことは困難です。

 

楽したい気持ちはわかりますが、まずはスキルを身に着けることを優先しましょう!

プロクラウドワーカーが教える初心者にもオススメな案件一覧!

私は、クラウドワークス単体の最高月収は40万円程度ですが、直接契約を含めると毎月70~80万円程度は稼いでいます。

その甲斐もあって、先日クラウドワークスから”プロクラウドワーカー”の認定メッセージが届きました。

 

 

しかし、最初からライティングスキルがあったわけでもありませんし、ここに来るまで様々な記事をこなしてきました。

そこで、私が下積み時代に着手していたオススメ案件を紹介します!

 

物によっては、1文字1円以上の高単価案件もあるので、稼ぎたい人は必見ですよ♪

 

体験談・レビュー系

アンケート

説明記事※専門分野

 

この3つは特にオススメなので、登録してからすぐにでも始めたい案件です!

 

月の目標があれば、それと照らし合わせて着手するのもいいですよ~!

体験談・レビュー系

ライティング案件の中でも、体験談・レビュー系というのは非常に書きやすいです。

書きやすい理由は、大きく分けて3つあります。

 

制約が少ない

主観を元にライティングできる

経験があると有利

 

体験談というのは、普通の説明記事に比べると、主観メインなので制約がほとんどありません。

自分の経験則に基づいて書くことが多いので、初心者でもスラスラ書けるのが最大の特徴。

 

さらに、経験があればリサーチなしで、自分の思い出話を書けばいいので、時間もそこまでかかりません。

 

 

私も、タスク形式をメインでしているときは、体験談案件を主に着手していました。

単価は、0.4~0.5円と高いものが多く、専門知識を有する”医療関係、FX関係”は1円超えるものもあります。

 

リサーチがない分、ライティングに費やす時間が増えますね!

アンケート

ライティングスキルが無いと不安な人は、アンケートに回答するのも一つの方法です。

選択式がほとんどであり、1案件当たり10~30円程度はもらえます。

 

 

ドラマの感想から、指定サービスのモニター等、案件は様々です。

経験がなくても、簡単に着手できるので、ライティングが不安な人はアンケートから始めるのも手段の一つですよ!

説明記事※専門分野

ライティングで稼ぎたい人は、説明記事もオススメです!

説明記事は、体験談に比べると、専門知識が必要なものも多く案件が限られてくるのが現状。

 

しかし、その分野の専門知識がある人にとっては、体験談以上にスキルを活かしやすい案件です。。

 

 

アンケート同様に、ジャンルは様々なので、自分に合ったものを見つけるところから始めましょう!

さらに、説明記事の場合は、記事内容次第ではクライアント様からスカウトが来ることもあります。

 

ライターとしてのキャリアアップを検討していて、稼ぎたいと思っているなら、説明記事の案件に応募してみましょう♪
※慣れるまでに時間がかかります

まとめ

クラウドワークスは、初心者でも簡単に稼ぐことができます。

稼げないといっている人は、費用対効果が悪い案件ばかり着手していることが最大の原因です。

 

月々1万円程度なら誰でも稼げる境地であり、目標を達成したらさらに大きな目標を立ててみると良いでしょう。

稼げるモチベーションさえ保てれば、月間10万円以上稼ぐことも夢ではありません!

 

まずは、一つタスクを着手して、本当に稼げるか実感してから始めると効果的です!

-クラウドソーシングで稼ぐ
-

Copyright© 副業サバイバー|在宅ワークで稼いでちょっとだけ贅沢な暮らしを , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.