ブログのやり方

フリーメールアドレスのおすすめ5選を比較!捨てアドの作成方法も解説!

みやはら@ハイパー薄給OLブロガー
ポイントサイトなどの登録の時に使えるフリーメールアドレス。本記事では人気の高いオススメのフリーメールについて紹介します。

ポイントサイトでは登録のさいにメールアドレスの入力を求められることがほとんどです。

ポイントサイトから届く案内メールやおすすめ情報などと分けて管理するためにも、普段使っているメールアドレスとは異なるものを使用することをおすすめしています。

なかでもおすすめなのが、費用などをかけずに取得できる「フリーメールアドレス」です。

今回は、さまざまなフリーメールアドレスを比較して、使いやすいメールアドレスやおすすめのメールアドレスを紹介していきます。

一番おすすめなので天下のgoogleが運営するGmailです。登録の仕方も解説しています。

フリーメールアドレスのおすすめ比較!シェアからわかる使うべきはサービスは?

一昔前までは、スマホではキャリアメール(@docomo.ne.jpなど)、PCではプロバイダから付与されたメールアドレスを使うという方が大半でした。

しかし、スマートフォンの普及に伴い、プロバイダメールを利用する人は減り、クラウド型と呼ばれるタイプのフリーメールアドレスなどを利用する方が増えてきました。

クラウド型フリーメールアドレスとは、インターネットを介してメールを送受信したり、クラウド上にメールを保存しておけるようなタイプのものを指します。

基本的に誰でも無料で取得できることや、スマホやPC、タブレットなど複数のデバイスから、いつでも簡単にアクセスできる便利さが魅力となっています。

最近では、スマートフォンでもキャリアメールではなく、このクラウド型のフリーメールを主に使用しているという方が増えてきています。

無料だからというのももちろん人気の理由ですが、

  • その方がナンバーポータビリティーによるキャリア変更がしやすいから
  • キャリアメールは迷惑メール配信業者に狙われやすいため利用者が離れている

ということも大きく関係しています。

スマホのキャリア変更をしてもアドレスを変えずに済むメリットや、キャリアメールのような迷惑メールが届きにくい(もしくは届いても分類やブロックがしやすい)ことなどから、キャリアメールではなくフリーのメールアドレスをスマホで利用するという人が増えているのです。

少々前置きが長くなってしまいました。

では、ポイントサイトに利用するのなら、どのようなフリーメールアドレスが最適なのでしょうか。

知名度の高さやシェア率などを踏まえながら、おすすめのフリーメールアドレスをランキング形式でご紹介いたします。

まずは、知名度の高いフリーメールアドレス3つと、そのシェア率から紹介します。

サービス名 シェア
Gmail 59%
Outlook(hotmail含む) 18%
Yahoo!メール 5%

ご覧のように、圧倒的にGmailのシェア率が高い結果となっています。

どれにしようか迷った場合は、とりあえず上位の3つのどれか使えば間違いないでしょう。

では、それぞれの特徴や利用のしやすさなどについて、ランキング形式にまとめて5位まで解説付きで紹介いたしましょう。

【第1位】googleのGmailが安定のNo1!

Gmail公式

運営会社 Google
容量 15GB
ドメイン @gmail.com
スパム対策 有り
アプリ 有り
添付容量 25MB

\無料で登録/

ボタン

※1分で登録完了

クラウド型のフリーメール(無料のWebメール)といえば、やはりGmailではないでしょうか。

知名の高さもさることながら、メール送受信画面の利用のしやすさ、メールの分類のしやすさや管理のしやすさなどが人気となっています。

Gメールを使うにためはGoogleアカウントの開設が必要となるほか、セキュリティ認証としてスマホなどの電話番号の登録を必要としますが、安全性も高くスパム対策などもしっかりとしているため安心して利用できます。

個人で複数のメールアドレスを取得することもでき、ブラウザやアプリ上で簡単にアカウントの切り替えもできるので、用途に分けて使い分けることもできて非常に便利です。

さらには1つのメールアドレスに、記号と好きな英数字を加えて、異なるメールアドレスを作る「エイリアス機能」も搭載。アカウントを変えることなく、登録先ごとにメールアドレスを分けるなどといった活用法も可能です。

ほかにも、Googleカレンダーなどメールサービス以外のGoogle関連サービスとの連携もあり、広い用途で活用できるのも魅力。

メールボックスの容量も15Gと非常に大きいため、ちまちまと不要メールを削除したりする手間もなく、多少迷惑メールが届いたとしてもわずらわしさを感じることもありません。

送受信画面は慣れるまで多少時間がかかる方もいるようですが、カスタマイズ性に富んでいるので、あらゆるユーザーさんの好みに合った使い方ができるようになっています。

【第2位】Outlook(旧hotmail)

Outlook公式

運営会社 Microsoft
容量 無制限
ドメイン @outlook.jp
@outlook.com
@hotmail.com
スパム対策 有り
アプリ 有り
添付容量 100MG

\無料で登録/

ボタン

※1分で登録完了

Outolookは、Microsoftが運営するクラウド型のフリーメールアドレスです。

Windows標準のメールアプリ(メールソフト)を起動すると、メールアドレス取得の選択項目のひとつにOutolookが含まれていることなどもあり、Gmailにつぐシェア率の高さへとつながっています。

以前は同社による「Hotmeil」というフリーメールが世界的シェアを誇っていたのですが、2007年にサービス内容を一部変更、2013年には後継サービスとなるOutolookにサービスを集約する形となりました。(@live.comも同様)

その関係もあり、現在Outolookに登録をするさいには、@outlook.jp、@outlook.com、それから@hotmail.com3種類のドメインが選択できるようになっています。

Outolookの最大の魅力は、メール容量無制限という点と添付容量が100MBでも耐えられるというのが大きな点となります。

そのため、ファイルのやり取りが多いビジネスシーンなどで活用している方も多いのが特徴です。

受信した添付ファイルは、同じくMicrosoft社が提供しているクラウドサービスの「Onedrive」へと保存できるなどの利便性の良さも魅力です。

Gmail同様、複数の全く異なるアカウントの作成はもちろん、一つのアドレスに英数字を加えてアドレスを変える「エイリアス機能」にも対応。

送受信画面はすっきりとした見栄えで、フリーメール初心者さんでも迷うことなく直感的に利用できるようになっています。

【第3位】Yahoo!メール

YahooMailの特徴

運営会社 Yahoo! JAPAN
容量 10G(関連する有料サービスの利用などで無制限)
ドメイン @yahoo.com
スパム対策 有り
アプリ 有り
添付容量 25MB

\無料で登録/

ボタン

※1分で登録完了

Yahoo!メールは、Yahoo! JAPANが運営する無料のクラウドメールです。

Yahoo!カレンダーやストレージボックスをはじめ、Yahoo!の各種サービスと連携されているため、Yahoo!プレミアム会員の方などが利用しているというケースも少なくありません。

昔はMSNとならぶシェア率の高さでしたが、現在はそこまで高いシェアにはなっていないようです。

無料会員の場合、利用できるメールサーバーの容量が10Gに限られる他、送信メールに広告が挿入されるなどの問題もあり、ビジネスシーンで使うには不向きな面があるのもシェアを下げている理由の一つでしょう。

また、関連するサービスからの案内メールの多さや、迷惑メールの受信率の高さなどもあり、うっとおしく感じてしまう方もいるようです。

ブラウザ版の送受信画面は初心者でもわかりやすいつくりとなっていますが、広告が表示されるため使い勝手の悪さや不快感を持ってしまう方もいるようです。

また、6か月利用しないまま放置していると、メールボックスの中身がすべて削除されてしまうこともあるため、利用頻度が空いてしまいそうな方の場合にはあまりおすすめできないサービスとなっています。

とはいえ、エイリアス機能もあるなど、サービスの内容自体は他社クラウドメールと大きく変わりはない他、不達などのトラブルもほとんどないため、カスタマイズ次第では十分快適に利用できます。

【第4位】iCloudメール

運営会社 Apple社
容量 5G
ドメイン @icloud.com
スパム対策 有り
アプリ 有り
添付容量 本文も含めて最大20MB

\無料で登録/

ボタン

※1分で登録完了

icloudメールは、Apple者がiCloudの利用者向けに提供している、無料のクラウドメールアドレスです。

iPhoneやIpad、MacBookなどを購入すると、iCloudへの登録が促され、Apple IDのアカウント作成と同時にメールアドレスも作成する流れとなるため、意識をせずに取得しているという方も少なくはありません。

メールの送受信は、スマホやタブレット、PCのブラウザなどからも利用可能。

迷惑メールフィルタ機能やエイリアス機能にも対応しており、クラウドメールとしての機能は十分果たしているのですが、メール受信の容量の少なさや1日やり取りできる送受信メールの本数に限りがあるなど、他社と比べると制限がやや厳しい印象です。

とはいえ、ポイントサイトに複数登録している場合でも、そんなに大量にメールを受信することはないので心配はいらないでしょう。

ただし、iCloudサービスと紐づいている関係上、気軽にメールアドレスの変更をしたりすることはむずかしく、捨てアドにするには不向きな面もあります。

ポイントサイトからさまざまなサービスに申し込む際に利用し、不要なメールを受信するようになった場合、気軽に捨てるというのがむずかしいアドレスでもあるため、ポイントサイトへの登録にはあまりおすすめできないと考えています。

【第5位】BIGLOBEメール

ビッグローブメール公式

運営会社 ビッグローブ株式会社
容量 5GB
ドメイン @xxx.biglobe.ne.jp
スパム対策 有り
アプリ なし
添付容量 100MB

\無料で登録/

ボタン

※1分で登録完了

BIGLOBEメールは、日本国内の大手プロバイダーサービスBIGLOBEによるフリーメールサービスです。

プロバイダ利用者に限らず、だれでも無料の会員登録をすることで、メールアドレスが取得できます。

メール自体は無料で利用可能ですが、クレジットカード番号の入力が必要となるのがネック。

また、専用のメールアプリなどもないため、スマホで利用する場合には既定のメーラーに設定するか、ブラウザからアクセスする必要があります。

とはいえ、ビッグローブの知名度の高さやKDDIグループといった安定感もあるので、安心して利用できるメールアドレスだといえそうです。

【第6位】AOLメール

AOLメール公式

運営会社 Oath Inc(アメリカの企業)
容量 無制限
ドメイン @aol.jp
スパム対策 有り
アプリ 有り(海外版のみ提供)
添付容量 16MB

\無料で登録/

ボタン

※1分で登録完了

もともとは、大手プロバイダサービスAOL(AOLジャパン)が提供していたメールクライアントでしたが、現在はサービスを譲渡した関係などから、アメリカの企業によるサービスやサポート提供のみとなっています。

そのため、ヘルプサポートなどは日本語による提供はなく、すべて英語でのやり取りが基本となっています。

昔からAOLを利用し続けてきた一部ユーザーの中には、ログインができなくなるなどのトラブルに合っているという方もいるようですが、日本語による問い合わせやサポートが受けられないためどうしてよいかわからず戸惑っている方もいるようです。

とはいえ、ブラウザ版のメール送受信画面は日本語化されており、使い勝手も特に問題はありません。

日本語によるサポートが受けられないという点では多少不安がありますが、メールサーバーの容量も無制限となっているため、フリーメールアドレスとしての役割は十分果たせます。

【第7位】Vivaldi Webmail (ヴィバルディ ウェブメール)

vivaldiメール公式

運営会社 Vivaldi Technologies(アイスランドの企業)
容量 5G
ドメイン @vivaldi.net
スパム対策 有り
アプリ なし
添付容量 20MB

\無料で登録/

ボタン

※1分で登録完了

Vivaldi Webmailは、アイスランドの企業が運営している無料のウェブメールです。

メールサーバー容量が5Gまでとややタイトではあるものの、スパム対策もしっかりとされているため安心して利用できます。

海外運営のため登録画面などは英語となりますが、ブラウザメールの画面などは日本語に対応しているほか、日本語によるサポートも受けられるので心配はいりません。

北欧の企業ということもあってか、デザインがすっきりとしつつも非常にオシャレなのが魅力。

広告などが表示されることもないので快適に利用できます。

ただし、登録時には復旧用のためのメールアドレスを必要とするため、最初に利用するフリーメールとしてはちょっと不便かもしれません。

【第8位】Yandex.Mail

yandex公式

運営会社 yandex(ロシアの企業)
容量 10G(容量が減ると最大量が増えるので実質無制限)
ドメイン @yandex.com
スパム対策 有り
アプリ 有り
添付容量 30MB(30MB以上はDL形式で2Gまで)

\無料で登録/

ボタン

※1分で登録完了

yandexメールはロシア最大級のポータルサイトを運営する、yandex社が提供しているフリーメールアドレスです。

日本語には対応してはいませんが、英語には対応しているため登録や利用などは簡単にできるのでさほど問題はありません。

広告もつかず実質容量無制限で利用できるので、プライベートやビジネスなどさまざまなシーンで利用できるフリーメールです。

複数メールアカウントの作成にも対応しており、個人で最大1000個まで作成が可能。

ただし、日本語に弱く、メールなどを検索する際にうまく検索しきれないなどの問題が起こることはあります。

また、24か月使用せずに放置しておくと、メールボックスが削除となるため注意が必要です。

フリーメールアドレスを使うメリット・デメリット

もともと持っているメールアドレスもあるんだし、あえてフリーメールを取得する必要はないのでは?と思われる方もいるかもしれません。

しかし、フリーメールを使うことにはさまざまなメリットがあるため、多少取得の手間があっても持っていた方が良いのです。

とはいえ、メリット以外にもデメリットとなる点もあります。いくつか簡単に、メリットとデメリットを紹介します。

完全に無料で好きな文字列のメールアドレスを持つことができる

フリーメールは、プロバイダなどからデフォルトで渡されるメールとは異なり、登録時に好きな文字列を設定できます。

自身のニックネームなどに由来するアドレスはもちろんのこと、一目でポイントサイト用とわかるような文字列で作成することだって可能です。

アットマーク以降のドメインは固定となりますが、それより前は自由につくることができるので、お気に入りのメールアドレスを取得することも可能になります。

簡単に取得することが可能

フリーメールの多くは、フォームに必要な項目を入力するだけなど、比較的簡単に取得が可能です。

なかにはスマホなどによる認証が必要となるアドレスもありますが、大体3~5分程度でお気に入りのメールアドレスを手にすることができます。

面倒な申請や手続きなどは必要ありませんので、取得次第すぐに使うこともできます。

スマホでもPCでも簡単な設定で使える

フリーメールは、アカウントにアクセスする場所やデバイスを選ばないことも大きなメリットとなります。

スマホの場合は専用のアプリをインストールすれば、後はIDとパスワードを設定すればよいだけのものがほとんど。

アプリを利用すればいちいちログインする必要もなくメールチェックや送受信ができますし、プッシュ通知対応であればメール受信を知らせてもらうことも可能です。

また、PCなどではブラウザからアクセスして利用することも可能。(スマホのブラウザでももちろんOK)

クラウド型ですので、自分のPCに限らずネットにアクセスできる環境やデバイスさえあれば、いつでもどこでもメールの確認や痩身が可能です。

スマホのキャリアが変わったり自宅の回線を変えてもそのまま使える

スマホのキャリアメールやプロバイダ固有のメールアドレスとは違い、キャリアが変わってもプロバイダを退会しても使えなくなってしまうといった心配がありません。

フリーメールは状況の変化に左右されずにいつまでも使い続けられるのが最大のメリット。

スマホのキャリアが変わってもそのまま使いつづけられるため、登録メールアドレスの変更手続きや友人へ「メールアドレスが変わりました」とお知らせする必要もありませんね。

フリーメールアドレスの業者が倒産したらアドレスが使えなくなる可能性がある

メリットだらけのフリーメールアドレスですが、サービスに依存するという性質上、企業の倒産などで急に使えなくなってしまう可能性も0ではありません。

また、急な規約変更で利用可能な容量が削減されたりサービスの制限を受けるなど、不利益を被る可能性もあるでしょう。

これまで過去の状況を見ていると、多くの場合運営会社の倒産や体制の変更がある場合には、別の会社や譲渡先がサービスをそのまま引き継いでいるケースがほとんどです。

利用しているユーザーの数が多いフリーメールなら、なおさらそうしたサポートがある可能性も高くなることでしょう。

無料ということもあり、ある程度割り切る必要もあるかもしれませんが、こうしたデメリットも考えられるということは一応頭に入れておくようにしましょう。

迷ったら基本的にGmailでOK!GoogleアカウントとGmailの取得方法

ここまで紹介したように、クラウド型のフリーメールにはいろいろな会社のものがあります。

ですが、使い勝手やシェア率の高さなどから見て、最もおすすめなのはやはりGmailではないでしょうか。

もし、どこにしようか迷っているというのであれば、ひとまずGmailでアカウントを作成してみてください。

簡単に登録ができますが、一通りアカウント開設方法を説明いたしますので、初めて取得される方はぜひ参考にしてみてください。

はじめてフリーメールアドレス作るのすら面倒くさいな
副業女子
みやはら@副業初心者
うさたろ@副業アドバイザー
うさたろ
しょうがないなぁ。Gメールの作り方を例に解説していくよ

グーグルアカウントの開設とGmailの取得方法

まずはこちらからGoogleにログインしましょう。

Google公式ページ

Gメール設定方法

まずはGoogleの公式ページにログインして必要な項目を埋めていきましょう。

「ユーザー名」の部分は任意の文字列や英数字を入力します。

グーグルでは、作成したGoogleアカウント=Gメールのアドレスとなります。

このときに設定したメールアドレスとパスワードは、しっかりメモしておくようにしましょう。

電話番号を使ってSMS認証する

グーグルアカウントSMS認証

次に電話番号を使ってSMS認証しましょう。

電話番号を入力したからといっても、悪用などはされないので安心してください。

他にもメールアドレスを持っているようなら、Googleのアカウントを忘れてしまった時用に再設定用のアドレスを登録しておくと安心です。

gメールアカウント設定方法

電話番号を入力して送信すると自分のスマホのSMSにコードが届きます。

GメールSMS認証

SMSってなんや!?って人はiPhone上では画像のやつです。

ショートメールと言えばわかるでしょうか?

 

Gメール認証コード

コードが届くのでGoogleに戻って入力してSMS認証を終了させましょう。

これでGoogleアカウントの作成は終了です。

あとは、ブラウザから直接メールの送受信画面にログインするか、もしくはスマホアプリにIDとパスワードを設定して使用するだけです。

補足

余談ですが、Googleのアカウントを設定すると、GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントなど、Googleが提供するさまざまなツールを使用することができます。

Googleのアカウントは複数作成することが可能

Googleのアカウントは複数作成可能ですので、仕事用とプライベート用など分けることもできます。

職場などで仕事用のメールアカウントを配布されない場合にも、Gメールを使うこともできます。複数作る際は、先ほどと同じ手順で新規に作成するだけでOKです。

Gメールのアプリで新規アカウントを管理する

Googleのアカウントを一度作れば、Googleの様々なサービスを使うことができます。

ここで必要なのはメアドだけなので割愛します。

Gメールのアプリをダウンロードして使うと、都度ログインする手間もなくサクサク使うことができるのでアプリをダウンロード。

アカウント管理のところから新規メールアドレスを作ることができます。

Gメールアカウント追加

 

これでGmailをアプリでも使うことが可能です。

GoogleのアカウントをもっていることでGoogleMapやスプレッドシート(エクセルみたいなやつ)なども、快適に使うことができます。

今後、複数ポイントサイトなどを利用するようになった時など、スプレッドシートなどを活用する機会も出てくるかもしれません。

もちろん、Gメールと同様無料で使えますので、必要な時に気軽に操作してみてはいかがでしょうか。

-ブログのやり方

Copyright© 副業サバイバー|在宅ワークで稼いでちょっとだけ贅沢な暮らしを , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.