ポイントインカム攻略

ポイントインカムおすすめのお得な交換先|レート・現金・単位など全解説

みやはら@ポイ活ブロガー
みやはら@ポイ活ブロガー
ポイントインカムの交換先で実は損していませんか?本記事ではポイントインカムでお得な交換先を紹介していきます!

ポイントインカムは高額案件も多くコンテンツも充実していることなどから、幅広い層に人気のポイントサイトです。

 

さまざまな交換先がそろっているため、利用しやすいと感じているかたも多いようです。

 

今回はポイントインカムの交換先に焦点をあてて紹介。

 

どの交換先がおトクなのか、それぞれの交換レートや、必要となる手数料などについて詳しく解説していきます。

ふむふむ。どの交換先がお得か教えてくれよ
みやはら@ポイ活ブロガー
みやはら@ポイ活ブロガー
うさたろ@ポイ活担当
うさたろ@ポイ活担当
表を使って解説していくんでちょと待つんだ!

 

ポイントインカムの交換先一覧

ポイントインカムの交換先一覧

ポイントインカムには2020年3月現在、現金や電子マネー、他社ポイントや関連商品への交換など30以上の交換手段が用意されています。

 

それぞれ交換レートや手数料などが異なりますので、細かく分けて解説していきましょう。

ポイントインカムの交換レート

1P=0.1円つまる1円稼ぐためには10P必要

みやはら@ポイ活ブロガー
みやはら@ポイ活ブロガー
1P=1円のポイントサイトもあるし、1円=0.1円のところもあるから注意だな!

現金(レートは1ポイント単位=0.1円以下)

金融機関名 最低交換ポイント 手数料
ゆうちょ銀行 5000pt→500円 1000pt
三菱UFJ銀行 6000pt→500円 1600pt
みずほ銀行 6600pt→500円 1600pt
楽天銀行 5500pt→500円 500pt
三井住友銀行 6600pt→500円 1600pt
りそな銀行 6600pt→500円 1600pt
ジャパンネット銀行 5500pt→500円 無料~500pt
pring 6000pt→500円 無料~1000pt
全国各地その他金融機関 6600pt→500円 1600pt

現金へ交換する場合、どの銀行の場合でも手数料がかかるので、交換レートは実質1ポイント=0.1円以下となります。

 

すぐにお金として使えるのは便利ですが、オトク度はかなり低めだといえるでしょう。

みやはら@ポイ活ブロガー
みやはら@ポイ活ブロガー
ポイントをたくさんためて交換した方が手数料分お得なんだよ

電子マネー・ギフトカード(レートは1P=0.1円)

サービス名 最低交換ポイント 手数料
App Store & iTuneコード 4750pt→500円 無料
Vプリカ 5000pt→500円 無料
webmoney 5000pt→500円 無料
Google Playギフト 4850pt→500円 無料
DMMプリペイドカード 20000pt→2000円 無料
Amazonギフト券 5000pt→500円 無料
Amazonギフト券/dgift 4900pt→500円 無料
EdyギフトID 5500pt→500円 無料~500pt
nanacoギフト 5500pt→500円 無料~500pt
Tポイント 5200pt→500円 250pt~5000pt
ニンテンドープリペイドカード 10000pt→1000円 無料
Mobageモバコインカード 10000pt→1000円 無料
PEX 5000pt→500円 無料
cotoco 5000pt→500円 無料
JCBプレもデジタル 4750pt→500円 無料
WAONポイントID 5000pt→500円 無料
Gポイントギフト 5000pt→500円 無料
ポイントインカム de セゾンカードお支払い 6,000pt→500円 1000pt
Kyash 5000pt→500円 無料
QUOカードPay 5000pt→500円 無料

ポイントインカムと提携している他社ポイントや電子マネーはかなり豊富な方だと思います。

また多くの交換先で、交換手数料が無料なのはとてもオトク。

 

一部交換先では手数料がかかりますが、交換レートが等価以上のところもあるため賢く選べばかなりオトクに交換できるでしょう。

みやはら@ポイ活ブロガー
みやはら@ポイ活ブロガー
交換先によっては現金に交換するよりも交換率が高くなることもありお得なんだ!

マイル・他のポイントサイト・ビットコインなど

サービス名 最低交換ポイント 手数料
JALマイレージバンク 4500pt→150マイル 無料
ドットマネー by Ameba 5000pt→500円 無料
ビットコイン 5000pt→500円 無料
ANAマイル 3500pt→100マイル 無料
GeneLife(DIET 肥満遺伝子検査) 62800pt→1個 3000pt
GeneLife(SPORTS スポーツ関連遺伝子検査) 62800pt→1個 3000pt
GeneLife(Genesis2.0 遺伝子検査) 301000pt→1個 3000pt
GeneLife(Myself2.0 自己分析遺伝子検査) 301000pt→1個 3000pt
ポイントインカムグッズ(ポ太郎ぬいぐるみ) 8000pt→1個 3000pt
ポイントインカムグッズ(ポタ美ぬいぐるみ) 8000pt→1個 3000pt

ドットマネーのような他社ポイントや、マイルへの直接交換も可能です。

 

GeneLifeというは、近年注目度が高まる遺伝子検査キットです。そのほか、ポイントインカムのオリジナルキャラクターグッズなどにも交換可能。

 

こうしたものと交換できるのも、ポイントインカムならではの特徴でしょう。

みやはら@ポイ活ブロガー
みやはら@ポイ活ブロガー
直接マイルに交換してしまうとかなり損!損しない交換ルートがあるのでマイルに交換するときはそのルートを使おう!

損せずANAマイルに交換できるルートはYOKYUルートというのですがこれは後述します。

 

ポイントインカムの交換手順と注意事項

ポイントインカム交換手順

続いては、ポイントの交換方法や手順について解説してきます。

どの交換先であっても、交換手順は同じですので参考にしてくださいね。

みやはら@ポイ活ブロガー
みやはら@ポイ活ブロガー
PC版とスマホ版両方あるのでどちらも解説していきます!

PC画面とスマホ画面は違う

ポイントインカムのPC版とスマホ版

ポイント交換は、ポイント交換ページから行います。

ポイントの交換方法はPC版とスマホとではそれぞれ異なりますので、ご注意くださいね。

といっても、ポイント交換申請のページへ移動するメニューボタンの配置が違うというだけなので、むずかしく考えることはありません。

 

PC版は2か所リンクがあります

  • ページの一番上にあるピンク色の「交換」と書かれているメニューボタン
  • ページ最下部のフッターメニュー部分にある「マイページ」の項目の中の「交換」というリンク

スマホ版は

  • 右上にあるメニューボタンをクリックするとメニューが表示されるので、その中の「ポイント交換」を選択

でポイント交換ページへ移動できます。

 

交換したいサービスを選んで交換するだけ

ポイントインカムゆうちょ現金化

ポイント交換ページに移動すると、好きな交換先が選択できるようになっています。

交換先を選んだら、「ポイント交換」というボタンをクリックすると、申請用のページへ移動します。

 

申請用ページでは、交換できるポイント数やレート、かかる手数料などが一覧で確認。

交換時は交換したい金額のところにチェックを入れて「確認画面へ」へ進みます。

内容に間違いがないことを確認したら、「申請」ボタンをクリックすれば交換申請は完了です。

 

 

現金化の場合は手数料が100円程度〜かかる

ポイントインカムでのポイント交換の多くは、手数料が無料です。

しかし現金交換や電子マネーなど、換金性の高いものに関しては100円程度の手数料がかかるため注意が必要です。

 

なお楽天Edyやnanacoギフトについては、通常交換手数料無料で交換できるのですが、交換ポイントが5000ポイントの場合にのみ手数料が500pt必要となりますのでご注意ください。

このように一部のポイント交換先については、交換申請をするポイント数によって手数料がかかる場合と掛からない場合、もしくは手数料の額が変わる場合などがあります。

それぞれ交換額に応じた手数料額がわかりやすく記載されていますので、必ず内容を確認して申請するようにしましょう。

 

ポイント交換は反映までに時間がかかる

ポイント交換の際は、交換先によって申請から着金(もしくは交換完了)までにかかる期間が異なります。

たとえばゆうちょ銀行へ現金として交換する場合、交換申請から2営業日後が交換予定日になります。

多くの場合が「翌営業日」や「2営業日」などですが、なかには「最大3週間(ニッセン)」や「翌々月4日(セゾンカードお支払い)」など途方もなく先になる交換先もありますのでご注意ください。

どれくらいの期間がかかるかについては、ポイント交換ページや申請ページに「交換予定日」として記載されていますので、しっかりと確認をしてから申請するようにしましょう。

 

直接マイルに変えると損する

ポイントインカムでは、直接ANAマイルやJALマイレージヘの交換が可能です。

ただし交換レートがかなり低いため、直接交換してしまうと結果的に損をしてしまうためおすすめできません。

 

多少日数はかかってしまいますが、ドットマネーを経由して交換するのが賢い交換方法です。

  • ANAマイル:ドットマネー→TOKYUポイント→ANAマイル…交換率75%
  • JALマイル:ドットマネー→JALマイレージ…交換率50%

 

上記のようなルートで交換するのがいいですね。

 

ポイントインカムでお得な交換先は4つ

ポイントインカム交換先

 

ポイントインカムにはさまざまなポイント交換先があるため、どれを利用してよいか迷ってしまうというかたもいるでしょう。

 

そこでオトクに交換できる、おすすめの交換先を3つ紹介したいと思います♪

 

等価以上での交換を狙うならこのギフト券がおすすめ

App Store & iTunes コードやGoogle Play ギフトコードなどは、それぞれ等価以上での交換が可能な交換先です。

 

  • App Store & iTunes コード:4,750pt→500 円で5%増量
  • Google Play ギフトコード:4,850pt→500 円で3%増量
  • Amazonギフト券/dgift(デジタルギフト券):4,900pt→500 円で2%増量

 

わずかではありますが、等価以上での利用が可能なうえに、どれも交換手数料無料なのでオトクです。

ただしギフト券ということで利用方法が制限されるため、普段利用される交換先であることが損をしない条件となります。

 

電子マネーは手数料がかからない場合が多い

ポイントインカムでは、ほとんどの電子マネーへの交換が手数料無料で申請できます。

 

最近登場したばかりの「Kyash」なども交換先に追加されておりますが、こちらへのポイント交換も手数料無料で利用できます。

 

現金化とは違い手数料分で大きく損をすることが少ないので、おすすめの交換方法ですね。

 

ただし交換するポイント数によっては、500ptほどの手数料がかかる場合もあります。

 

交換時には必ず手数料について確認してから、申請するようにしましょう。

 

Tポイントはウェル活でお得にポイントが使える

投資やウエル活など、ポイント自体をおトクに活用できる、Tポイントへの交換もおすすめです。

 

提携先が法綱Tポイントは、飲食店やファミリーマートなどのコンビニなどでも支払いに使えて便利。

 

ほかにも、毎月20日のお客様感謝デーにウエルシア薬局系列のドラッグストア利用すると、1ポイントあたり1.5円の価値で利用できるなどオトクに活用することもできます。

 

投資に興味のあるかたの場合には、ネオモバイル証券を通して小額からの投資にも使えるなど、ポイントを等価以上に活用できるチャンスも豊富です。

 

ドットマネー経由のANAマイルはかなりお得

ANAマイルをためているというかたは、ドットマネー経由で交換するのがオトクです。

 

ドットマネーへの交換は手数料無料の等価、そこからTOKYUポイントへ交換すれば、75%という高還元率でANAマイルに交換できます。

 

キャンペーン開催時には最大で90%を超える交換率になることもあるので、こまめにチェックしておくこともおすすめします。

 

ANAマイルは1マイルあたり2円以上の価値で利用できるので、利用方法次第ではもっともおとくな交換方法だともいえるでしょう。

 

ポイントインカムには、さまざまな交換先が用意されているため、ポイント交換の自由度はかなり高めだと思います。

 

今回紹介したように等価以上で交換できる交換先も多数あるほか、ルート次第でおトクに利用できるような交換先もあるため、しっかりと用途やレートを確認して交換することが重要です。

 

投資などに活用できるTポイントへの交換なども、かなりオトクな方法ですのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

-ポイントインカム攻略

Copyright© 副業サバイバー|在宅ワークで稼いでちょっとだけ贅沢な暮らしを , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.