ブログ運営

ワードプレスのブログ記事の書き方を超初心者向けに!必ずやるべき8つのポイント

 

「ワードプレスの基本的な使い方を知りたい!」

「初心者でもわかる内部SEOの設定を教えてほしい!」

「ライティングスピードを上げる方法は?」

 

今回は、このような悩みを抱えている人のために、ワードプレスを使って記事を書く方法を解説していきたいと思います!

検索上位にランクインするために重要な、内部SEOやライティングスピードを上げる方法も解説するので、気になる人は必見です!

なかなかブログを書くスピードが上がらなくて困っちゃってるんだ!教えてくれよそこのパーカー!
みやはら@ポイ活ブロガー
みやはら@ポイ活ブロガー
本記事ではワードプレス初心者でも投稿から記事の書き方までわかるように解説していきます!

よくわかる解説

内部SEOを徹底すると検索上位に入り込みやすい

執筆スピードを上げるには辞書登録を活用する

読み手目線の記事作成を心掛ける

そもそもワードプレスとは?:序章

ワードプレスについて知らない人のために、簡単に概要を説明しておきます。

ワードプレスとは、ブログ記事を作成するためのツールです。

 

コラム記事作成

LP作成

企業HP作成

 

ブログ記事以外にも、様々な目的で使われていることも多いです。

基本的に、ブログ記事を作成する際は、左側のタブの”投稿”というボタンをタップして進めていきます。

 

 

記事作成が完了すると、サイトのトップページに”最新の投稿”として投稿されます。

 

 

無料で作成できるブログよりも、作成に手間がかかりますが、クオリティの高い記事を作成できることから、SEO対策にも効果的です!

 

特化ブログなどのアフィリエイトサイトはほとんどワードプレスで作られているんだ!

ワードプレスで記事を投稿する手順を解説します!

ワードプレスをインストールしたところで、どのように記事作成をすればいいかわからない人も多いと思います。

ワードやGoogleドキュメントとは、使い方が大きく異なりますからね…笑

 

 

先ほどの投稿一覧から、”新規追加”をクリックすると、記事作成画面に移動します。

こちらのページが表示されたら、あとは記事を作成していくのみです。

 

 

具体的な記事作成手順は、下記の通りです。

 

記事作成手順

①タイトルを作成する

②導入文を作成する

③見出しを作成する

④本文を作成して入稿

 

また、記事作成する前にワードプレスにログインする必要があります。

 

 

設定したログイン情報を入力して、記事が作成できる準備をしましょう!

①タイトルを作成する

まず、ワードプレスの記事を作成する際は、タイトルを指定しましょう。
※記事作成後につけるのもアリです

 

 

赤枠で囲んでいる部分に、タイトルを入力すると記事タイトルとして反映されます。

ここで押さえておきたいポイントは、下記の通り。

 

一目で記事内容がわかるタイトルにする

狙いたいキーワードを序盤に含める

32文字以内にまとめる

 

Google検索では、タイトルが最も大きく表示されます。

 

 

タイトル次第で、クリックされるかどうかが決まります。

表示される文字数は32文字なので、その範囲内に収めることが重要です。

 

また、タイトルを作成する際は、狙いたいキーワードを序盤に持ってきましょう。

 

【良い例】

ワードプレス記事書き方!公開手順・使い方を徹底解説します!

【悪い例】

ワードプレス記事はどうやって作成する?書き方を解説!

※”ワードプレス 記事 書き方”というキーワードの場合

 

ユーザーが、一目で記事内容を把握できるタイトルを設定すると親切です!

②導入文を作成する

タイトル設定が完了したら、導入文を作成します。
※タイトル同様最後に解説するのもあり

導入文は、これから記事でどういうことを説明するのかを簡単に説明しましょう!

 

タイトルの補足のようなイメージで、記事内容を詳しく書くといいよ~!

 

記事に訪問してくれたユーザーに、「この記事ではこういうことを解説しています」というものを説明しましょう。

 

 

こちらは、冒頭の導入文ですが、それぞれブロックに意味があります。

 

①疑問を提示する

②ユーザーの声・疑問を明確にする

③記事内容を簡単に説明

④結論を書く

 

ここで意識したいのは、記事を読まなくてもある程度内容をつかめる部分にすることです。

初めて会う人に、自己紹介なしで会話に入らないように、記事でも導入文で自己紹介をしましょう!

③見出しを作成する

導入文を作成したら、本文作成に移りましょう。

そこで重要なのが、セクション別のタイトル設定です!

 

 

セクションごとに、何を説明するのかということを設定しましょう。

本文よりも目立って表示されるので、読み手を引き付けるようなタイトル設定がオススメです。

 

 

見出しは、段落というボタンから設定することができます。

様々なボックスが出てきますが、使い分けを行いましょう。

 

見出し2:大見出し(文章の大枠解説等に使う)

見出し3:中見出し(見出し2の詳しい内容、補足の役割で使う)

見出し4:小見出し(見出し3の補足で使う)

 

 

タイトルを書いて、見出しを選択すると本文とは違う装飾になると思います。

 

 

この様に変わったら、見出し作成は完了です!

見出しは、記事内容沿ったものを設定しましょう!

④本文を作成して入稿

タイトルの設定が完了したら、記事内容を作成していきます。

タイトルに沿った本文を作成すれば良いですが、作成する際は下記を意識しましょう。

 

スマホユーザーに沿った本文作成

読み手目線の内容を作成する

画像を用いて説明する

 

スマホ普及率が高まり、現在ではブログ閲覧ユーザーのほとんどは、スマホからアクセスしています。

 

 

こちらは、当ブログのデバイス別のアクセスですが、スマホが9割を占めています…笑

1行が長すぎると、かなり長文に見えてしまうので、読み手からすると疲れてしまうので要注意です!

 

適度に改行を混ぜたり、画像を使って読みやすい文章を作成しましょう!

 

記事作成するときは、自分が知りたい内容ではなく、読み手のニーズに沿った内容で作成することが重要だよ!

 

ワードプレスで検索上位にランクインするための記事の書き方!【内部SEO】

ワードプレスの基本的な使い方を解説したところで、検索上位にランクインさせる方法を解説してきます!

依頼された記事を作成する場合も、ブログ記事で書く場合も、検索上位に行けばアクセスが期待できますよ!

 

 

当ブログのとある記事ですが、そこそこアクセスが期待できるワードで検索1位を取れています。

一つのキーワードだけで、月間1,600回のアクセスがあります。

 

検索上位にランクインさせたいなら、下記を意識しましょう。

 

Hタグの設定

メタディスクリプションの設定

alt属性の設定

装飾をする

 

いずれも、読み手にとってわかりやすい記事作成につながるので、ユーザーの目に留まれば検索上位にランクインするようなります。

Hタグの設定

まず、Hタグを設定することです。

Hタグとは、前述した見出しのことを指します。

 

しかし、単に見出しを作成するのではなく、下記を意識して作成しましょう。

 

H2タグにはキーワードを含める※見出し2のこと

記事内容に沿った作成をする

細かく分類する

 

まず、大見出しとなるH2タグですが、狙っているキーワードをできる限り含めましょう。

 

 

この記事では、「ワードプレス 記事 書き方」というワードで上位を狙っています。

大見出しには、それぞれワードが含まれていることがわかると思います。

 

無理やり入力すると不自然になるから、無理ない範囲で含めるといいよ!

 

タイトルと内容の整合性が取れないと、記事ランクが下がるので、内容に沿った文章を作成しましょう。

さらに、H3/H4タグ等を活用して、見出しを細かく分類すると、ユーザーも読みやすく親切です。

メタディスクリプションの設定

本文の入力が完了して、記事作成が完了したら、メタディスクリプションというものを設定しましょう。

本文入力画面の下にあるのですが、全角120文字以内に収めることが推奨されています。

 

 

メタディスクリプションとは、記事を簡単に説明するテキストのことを指します。

検索画面を例に挙げると、赤枠の部分を指します。

 

 

ちなみに、設定しないまま入稿すると、冒頭で解説した導入文がそのまま反映されます。

導入文で、記事内容を解説しているなら問題ありませんが、設定したほうがSEO対策として有効なので、設定すると良いでしょう。

 

どういうことが書かれているのか、見たら何がわかるのかを説明するといいよ!

alt属性の設定

こちらは、設定している人は少ないですが、内部SEOとして有効に働くので設定したほうが良いです。

指南書・ライティングマニュアルにも、推奨されているほどです。

 

 

alt属性とは、別名”代替テキスト”と呼ばれているもので、画像をクリックして、鉛筆マークをタップすると表示されます。

 

 

alt属性は、どういう画像なのかをテキストで説明しなければなりません。

記事の画像が読み込めない場合に、テキストとして表示されるわけです。

 

画像が閲覧できない状況でも、情報をしっかり読み取ることができるので、SEO対策としてかなり有効です!

装飾として使っている画像は必要ありませんが、本文の内容に直結するものは設定しましょう!

装飾をする

最後に、記事の装飾です。

記事が検索上位に行くためには、ユーザーから記事を閲覧してもらわなければなりません。

 

つまり、離脱率を下げることで検索上位に行きやすくなるのです。

そこで重要なのが、装飾です。

 

文字装飾:重要な部分はマーカー、太字を使う

吹き出し:補足的な役割で使う

ボックス:箇条書きの説明で使う

 

基本ベースでは、これらを使っていきます。

 

 

当ブログでは、「Affinger」というワードプレスのテーマを使用しており、”ボックス・吹き出し・カテゴリー”が明確に分類されているので、初心者にもオススメですよ!

 

 

装飾の有無を比較した画像ですが、圧倒的に装飾をしたほうが見やすいことがわかりますね!

ユーザーが快適に読み進めらるためにも、装飾はしっかり行いましょう!

その他ワードプレスの記事作成で使うことが多い3つの項目

内部SEO対策について解説したところで、ワードプレスの記事作成で使うことが多い項目も紹介しておきます!

それぞれ設定すれば、ユーザビリティが上がります。

 

アイキャッチ画像の設定

パーマリンクの設定

カテゴリーの設定

 

それぞれ、記事投稿画面から設定できますが、どれもSEO対策になるので要チェックです

アイキャッチ画像の設定

 

まず、アイキャッチ画像の設定です。

アイキャッチ画像とは、その記事で何を紹介してるのかを解説するための画像です。

 

デフォルトでは、画像を設定すると記事ページ上部に表示されています。

アイキャッチ画像で意識したいのは、下記のポイントです。

 

記事内容に沿った画像の設定

一目で内容がわかる文言の設定

フリー画像単体は設定しない

 

この辺は、デザインセンスが関係してきますが、くれぐれもフリー画像だけを単体で設定するのは控えましょう。

 

アイキャッチ画像は、視覚的に記事内容を伝えるものだから、手抜き工事は控えること!

 

例えば、下記のアイキャッチ画像

 

 

別サイトで使っているアイキャッチですが、記事タイトル・記事内容を含めています。

視覚的にアイキャッチで導入して、導入文で記事内容をさらに理解させることで離脱率を下げることができます。

パーマリンクの設定

次にパーマリンクの設定です。

パーマリンクとは、記事のURLを独自に設定できる項目であり、タイトル下から設定できます。

 

 

編集というボタンを押すと、自由に設定できるので、記事内容に沿ったものを設定しましょう。

この記事の場合は、”ワードプレス 記事 書き方”というワードなので、”wordpress-article-writing"等がベストです。

 

 

ちなみに、タイトルを入力してパーマリンクを設定しないと、タイトルの一部がパーマリンクとして設定されます。

日本語が設定されるので、見栄えがあまりよくありません…

 

スマートにするためにも、パーマリンクは設定しておきたいものね!

カテゴリーの設定

最後に、カテゴリーの設定です。

カテゴリーは、書いた記事を分類するために使う機能です。

 

 

記事を保存するボタンの隣にありますが、デフォルトの設定では、何もない状態です。

記事の内容に合わせてカテゴリーを選択すると、ユーザーが読みたい記事に飛びやすくなります。

 

 

トップページでは、このようにカテゴリー分類された記事に飛べるようになっているので利用してみると良いでしょう。

 

ワードプレスの記事作成は難しい?執筆スピードを上げる2つの方法!

ワードプレスで記事作成をする手順を解説しましたが、一通り話を聞いていると難しいと感じている人も少なくないと思います!

確かに、ワードに比べると少し複雑なので難しいと思うのも訳ありません。

 

最初の内は、執筆スピードが落ちることもありますが、慣れればスピードも上がっていきます!

それでも、スピードを上げたいと思っているなら、下記を意識すると良いでしょう。

 

予測変換をオフにする

辞書登録をする

見出しを先にすべて決める

 

いずれも、私が記事を作成する際に意識していることです!

予測変換をオフにする

まず、ワードプレスで記事作成をする際は、予測変換をオフにしましょう。

予測変換とは、パソコンが入力履歴を記憶して、使用頻度が多い予測を優先表示させる機能です。

 

 

デフォルトではこちらにチェックが入っているので、こちらをオフにしましょう。

設定は、右下の下記の画面で右クリックをすると、”プロパティ”というものが開くので、そちらから設定できます。

 

 

予測変換をオフにする理由は、誤変換をなくすためです。

例えば、”解説します”という文章を入力する場合。

 

開設する

改設する

 

こちらの文章で変換されることがあります。

予測変換をオフにすると、決まった並びにしかならないので、順番を覚えておけば変換ミスもなくなります。
※解説するの場合はスペース3回等

 

大変そうだけど、慣れれば簡単だったわ

辞書登録をする

次に、辞書登録を活用することです。

辞書登録とは、特定の文字を予測変換で表示させる機能です。

 

 

右下のひらがなを右クリックすると、”ユーザー辞書ツール”というものが表示されます。

頻繁に使うものを登録しておくと、執筆スピードも上がります。

 

例えば、下記の吹き出し。

 

私の吹き出しは、”ss”というワードで登録されているんだ!

 

様々なワード・単語を辞書登録することができるので、使う頻度が多いものは積極的に登録していきましょう。

見出しをすべて決めてから記事を書き始める

初心者ブロガーやアフィリエイターで陥りがちなミスとして見出しをすべて決めずにいきなり文章を書き始めてしまう人がいます。

 

書く前にリサーチをしてあらかじめ大枠として見出しを決め、その中に文章を入れるようにしましょう。

 

見出しを決める前に書き始めてしまうとリサーチした内容を忘れてしまったり、書くことがブレブレになってしまいます。

 

ベテランならともかく、初心者ブロガー、アフィリエイターは必ず見出しを決めてから文章を書きはじめてましょう!

 

 

ワードプレスの記事の書き方を覚えてSEO対策をしよう!:まとめ

ワードプレスの記事の書き方を解説しましたが、難しいことは一切ありません。

今回紹介した手順に沿って進めれば、問題なく作成できますからね!

 

ただし、記事を書くためにはある程度構成を書く必要があります。
※特に最初のうちは

ブログ記事を書く際の構成の作り方を下記の記事でまとめているので、合わせて確認してくださいね♪

 

 

-ブログ運営

Copyright© 副業サバイバー|在宅ワークで稼いでちょっとだけ贅沢な暮らしを , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.